鹿児島県で家を建てるなら、安心・安全、高品質な住まいづくりの米玉利住工へご相談下さい。鹿児島の土地探しも当社へお任せ下さい。

ZEHはZEH+(ゼッチプラス)へ

「ZEH+」ってZEHと何が違う?

これから住まいを建てたいとお考えの方なら「ZEH」(「ゼッチ」)という言葉は 目にされたことがあるのではないのでしょうか?
ZEHは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、政府が推進しているエネ ルギー収支をゼロまたはプラスにする環境に優しく、省エネの住まいのこと。
ZEHの普及について、政府では段階的に省エネ性能を高めていく方向で、 平成30年、経済産業省から省エネ住宅の新しい基準「ZEH+」が発表されました。

ZEH+を満たす条件として、
・ZEH基準の住まいであること(太陽光発電・蓄電池の設置など)

に加えて、
・外皮性能Ua値0.5以下(従来のZEHはUa値0.6以下)
・スマートフォン等で外からエアコン・エコキュートを操作できること
・電気自動車への充電が可能なこと

の3つの中から2つ以上を満たしていること、政府登録済みのZEHビルダーで 建築されたことが条件となっています。


当社はZEHビルダーとして登録しております。

米玉利住工の
「ZEH」への取り組み

年 度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ZEH普及目標 10% 25% 35% 45% 50%
ZEH施工実績 100% 100% 100% - -

当社ではZEH基準への対応を早期に行い、平成28年度は当社で建築した住まいは全てZEH基準のものとなっております。
また、平成29年度も同様に全てZEHの住まいを建築しているので100%達成は確実となっています。
鹿児島県内でも多くの住宅メーカーがZEHビルダー登録を行っていますが、大多数の業者が10%にも満たないのが現状です。
「ZEHでないから良くない家」というわけではありませんが、ZEH普及に積極的に取り組んでいない、ZEH基準と同様の住まいであっても ZEH認定や補助金の申請の手間が掛かるなどの理由から、ZEHの普及は伸び悩んでいます。
当社では環境に優しい、家族が健康に暮らせる、そして経済的に優れた住まいとして、ZEHビルダーとして、省エネ住宅の普及を目指しています。
今後はZEH基準よりさらに上のZEH+にチャレンジして、全ての家をZEH+の住まいとしていきます。

米玉利住工は、鹿児島市でも数少ない
「本気でZEHの住まいに取り組む」住宅会社です。

ZEH+建設に対する補助金について

ZEH建築に対する補助金は年々減額されてきています。
その代わり、ZEH+の補助金が以前のZEHと同様の金額が設定されています。
基準達成の条件が高くなりますが、当社の住まい・住宅設備は基準を達成するのに十分なものとなっています。
補助金の申請も自社で全て行っておりますので、お客様は安心してお任せください。




ページTOPへ